2015年10月25日

海生哺乳類の生態調査のためのセンサにエネルギーハーベスティングで給電

北アリゾナ大学は、NSFから634,000ドル(約7600万円)の助成を受けて、海生哺乳類の生態調査に活用するエネルギーハーベスティング技術を開発します。
elephantseal.png

上の写真は、GPSのタグを取り付けられたゾウアザラシです。カリフォルニア大学で開発されました。

ゾウアザラシは、カリフォルニアからアラスカまで回遊します。
GPSで位置を計測して衛星通信で送るとなると、電池ではもちません。

北アリゾナ大学のプロジェクトでは、2種類のエネルギーハーベスティング技術が検討されます。

ひとつめは、太陽電池です。潜水深さと発電量の関係が調べられます(たぶん)。

もうひとつは、力学的エネルギーを利用するもので、ゾウアザラシが泳いだり潜水したりする時のエネルギーで発電するデバイスが作製されます。

実は、力学的エネルギーによるエネルギーハーベスティング技術が、海生哺乳類の観測に利用されたことは、過去にあります。
くじら観測に使われました。センサ・送信機・発電機を銛でくじらに打ち込んで、プロペラ式の水力発電機をくじらがひっぱって発電する方式です。海生哺乳類は、必ず、呼吸をするために水面に浮かんできますので、そのときに衛星にデータを送信することができます。


ウェアラブルデバイスへの応用事例ということで紹介しました。

参考情報:
(2015年10月23日、 北アリゾナ大学ニュースリリース)

関連記事:





posted by 竹内敬治 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック