2014年09月21日

バッテリー不要のiBeacon、AirBeaconをポーランドのIfinity社が開発


アップルが開発したiBeaconの利用が広がりつつあります。
BLEのビーコンを出し続けるため、電池交換が必要なのがネックでしたが、電池交換不要のiBeacon、AirBeaconをポーランドのIfinity社が開発しました。
ifinity.png






2014年12月に発売予定で、予約受付中です。開発キットの価格は、110ドルです。

エネルギー源は、電波です。
Wi-Fiルータなどからの電波をハーベストして、作動します。
場所によっては届かないところもあるので、配置の制約はあると思います。


太陽電池で動くバッテリーレスのiBeaconも、Dialog Semiconductor社が発表済みです。

iOS8で、iBeaconの機能が強化されます。今後の普及が期待され、
電源としてのエネルギーハーベスティングの普及のきっかけにもなると思います。

参考情報:
(ifinity社ウェブサイト)
関連記事:
Vanguard ID Systems社、空港手荷物用の電池レスタグを開発 [2013/11/03 19:54]
壁紙にアンテナや無線回路を印刷 [2013/08/25 18:41]
CES2012に出展されなかったエネルギー・ハーベスティング製品 [2012/01/15 20:00]
橋梁モニタリングシステムのコストを100分の1に:自立型無線センサーノードSENSPOT [2011/07/31 20:00]
紙に印刷したアンテナで電波エネルギーを収穫して小型電子機器を動かす:ジョージア工科大学と東京大学の共同研究 [2011/07/10 23:18]
無線で給電するMEMS眼圧センサーつきコンタクトレンズ [2010/03/28 18:37]
無線LANの電波を収穫して電力再生する充電機 RCAのAirnergy [2010/01/17 20:22]
拡張現実(AR)コンタクトレンズに電波ハーベスティングで給電 [2009/09/06 04:24]



posted by 竹内敬治 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック