2013年03月10日

プジョー・シトロエンが圧縮空気とガソリンのハイブリッドカーをジュネーブモーターショー2013に出展

スイスのジュネーブで2013年3月7日〜17日まで開催される第83回ジュネーブモーターショーで、プジョー・シトロエンが圧縮空気とガソリンのハイブリッドカーのプロトタイプC3を出展しています。
 

  
C3の走行モードは3種類あります。

・圧縮空気のみで走行。
走行時ゼロエミッションです。
ブレーキをかけると圧縮空気が回生されます。
市街地を走る場合は、60%〜80%がこの走行モードとなる見込み。

・ガソリンエンジンのみで走行。
一般道や高速道路を走行するときは、普通のガソリン車と同じです。

・圧縮空気とガソリンエンジンの併用。
加速時に、2つの動力を併用して加速性能を向上させます。

燃費は34.5km/リットルとのことです。

2016年の発売を目指して、開発提携先を探しています。


圧縮空気とガソリンエンジンのハイブリッドは、フィージビリティとコストの両面で、いつ実車に搭載されても不思議ではありません。
大容量の蓄電池が不要で、通常のハイブリッド車よりも安価に製造できること、構造が単純で修理等やりやすいことなどがメリットです。

圧縮空気を外燃機関で加熱するタイプのハイブリッドも有望です。

純粋な圧縮空気エンジンのみの自動車については、タタ自動車がMDIのエンジンの検討を行っていましたが、近々、何らかの発表があると思われます。燃料と組み合わせるタイプになると予想します。

MDIは、あいかわらずです。


参考情報:
【ジュネーブモーターショー13】シトロエン、圧縮空気を使ったハイブリッド エア提案…C3に搭載
(2013年3月8日、Response.jp)
仏プジョー・シトロエン、ハイブリッドエア開発で提携模索=幹部
(2013年3月8日、ロイター)
Interview: Dr Timothy Leverton, R&D chief, Tata Motors
(2012年12月15日、AUTOCAR professional)

関連記事:
蓄電効率70%の圧縮空気エネルギー貯蔵技術 & AIRPODの近況 [2012/07/08 21:33]
LAモーターショー2010デザインチャレンジの優勝は、GMのエア・カーAeraとメルセデスベンツのSmart 454 [2010/11/21 19:54]
ロサンゼルスモーターショー2010 デザインチャレンジに、GM、ホンダ、VOLVOがエアカー(圧縮空気自動車)をエントリー [2010/10/30 15:30]
スイスのCATECAR社、エア・カーAIRPodを2011年3月より出荷する計画を発表 [2010/10/11 19:28]
圧縮空気で動くエアカー(その2) [2010/05/09 18:29]
圧縮空気で動くエア・カー [2010/04/11 19:05] 
 



posted by 竹内敬治 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 圧縮空気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。