2012年01月15日

CES2012に出展されなかったエネルギー・ハーベスティング製品

2012年1月10日〜13日、米国ラスベガスで、世界最大の家電ショーCES2012が開催されました。
 
CES2011で注目され、今年も期待されていたにも関わらず、CES2012に展示されなかったエネルギー・ハーベスティング製品があります。

  

Tremont Electric社のNpower PEGは、携帯電話やスマートフォンの充電に使える携帯発電機です。かばんやリュックサックにいれておけば、歩くときの振動で発電することができます。
 
ひとつ約160ドルで、発売前に2,700の予約を集めていましたが、2010年5月に発売以来、1年半経ってもバックログが解消されない状況が続いていました。
注文が殺到というわけでもなさそうなので、製造プロセスに問題があるのではと思っていましたが、やはりそうだったようです。
2012年1月9日に、「なぜCES2012に出展しないのか」という説明が同社のブログで公表されました。その苦しい説明を読むと、製造プロセスを再構築中ということが窺えます。
   
まず製品を発売して、注文が来たら製造方法を考えるというのは、日本の製造業では考えにくいです。
 
***
 
CES2012に展示されることを密かに期待していましたが、現れなかったエネルギー・ハーベスティング製品もあります。
RCAの、電波エネルギー収穫機です。

CES2010では、AirEnergyという名前で登場しました。
Wi-Fiの電波を収穫して、ブラックベリーを充電できるという触れ込みでした。

DSC_3385

2010年夏には販売予定とのことでしたが、プロジェクトは中止。

CES2011には、RCA Airpowerという名前で、改めて製品発表。
今度は、Wi-Fi電波の収穫に加えて、太陽電池も組み合わせて携帯電話等を充電できるとのこと。
(発電量のバランスを計算すると、太陽電池がほとんどで、Wi-Fiの収穫分は意味があるのかどうか。。。)


この製品も、CES2011での発表のみで、発売されず。

CES2012では、もう一度Wi-Fi電波収穫に挑戦するのかと思ったら、3度目はありませんでした。

その代わり?に、RCAがCES2012で発表したのが、USB Wall Plate Chargerです。

011312-RCA.jpg
 
これなら、確実に充電できそうですが、せっかく2年間、Wi-Fi電波充電製品を発表してきたのだから、もう少し斬新なものに挑戦してほしい気もします。
 
011312-RCA-02.jpg

壁のコンセントに差し込むと、なんと、2口のコンセントが1口になってしまいます。
この大きな筐体に、コンセントの口をあと2つ3つつけるのは簡単と思いますが...
 
このUSB Wall Plate Chargerは、CES2012の"best of innovation"に選ばれたそうです。
 
 
 
エネルギー・ハーベスティング製品は、日本の製造業に向いている、と、改めて思います。

参考情報:
nPowerレジスタードマーク PEG not at CES 2012 because it’s not dirty enough
(2012年1月9日、Trement Electric)
RCA renovates the AC plug, turns your outlets into charging stations
(2012年1月9日、DIGITAL TRENDS)

関連記事:
無線LANの電波を収穫して電力再生する充電機 RCAのAirnergy [2010/01/17 20:22]
ノキア、電波エネルギー・ハーベスティング携帯電話のプロトタイプの存在を否定 [2009/06/21 18:59]
ノキア、環境中の電波エネルギーを収穫して自動的に充電する携帯電話を開発中 [2009/06/14 18:53]
インテルのエネルギー・ハーベスティング技術:TV塔の電波エネルギーをを4km離れて収穫 [2009/01/28 18:31]
 





posted by 竹内敬治 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック