2011年06月26日

ミュンヘン

一週間、ミュンヘンに出張していました。

宿泊先のホテルは、電車(Sバーン)の駅近くにあり、
空港から乗り換えなしで行けるという便利なところにありました。
 

ミュンヘンに着いた日、ホテル近くの駅で電車を降りて、
地下ホームから地上に上がろうとすると、上りのエスカレータが故障で止まっています。

しかたなく、スーツケースを持って階段を上りました。



帰りの日、空港に向かうために駅に来てみると、今度は下りのエスカレータが故障で止まっています。

しかたなく、スーツケースを持って階段を下りました。



ドイツの鉄道網は正確というけれども、日本の鉄道の方が信頼性は高いなあ、と思いました。

ところが、日本に戻ってきて、成田駅で電車を乗り換えようとすると、またエスカレータが止まっています。

電力ピークとはほど遠い土曜日の夕方なのに、節電でエスカレータを止めるとは...
 

 



posted by 竹内敬治 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。