2010年11月28日

発電するバッグ:エース社のACE GENEとアフリカのFLAP bag

伊藤忠商事は、米国CIIIS社の振動発電技術を用いて、「慣性力発電ユニット」を開発しました。
鞄製造販売エース社の「ACE GENE(エースジーン)」の新商品バッグに採用され、2011年2月より全国販売されます。
バッグを持ち歩く際の振動で発電し、内蔵LEDを点灯させます。
夜間の視認性の向上で安全性を高める、とのこと。
あまり明るそうには見えませんが...

[写真]


一方、アフリカでは、発電するバッグを普及させようというプロジェクトFLAP bagが進行中です。

 

FLAP BagのFLAPは、Flexible Light and Power の略です。
フレキシブルな太陽電池をかばんに埋め込み、発電します。
LEDを点灯させて夜間の照明に利用することや、携帯電話の充電に使えます。

アフリカでは、人口の9割が、電力網を利用することができません。
Portable Light Projectは、世界で最も貧しい人たちの生活に、
再利用可能エネルギーの恩恵を与えようというプロジェクトです。

light.jpg


FLAP Bagは、このPortable Light Projectと、Pop!Tech、
鞄メーカのTimbuk2が連携して進めているプロジェクトです。

フレキシブル太陽電池のコストが低下して、鞄などに埋め込むことが容易になれば、
世界には大きな市場があります。


参考情報:
The FLAP Bag project brings light and power to rural Africa
(2010年11月5日、underdresswholesale.com)
Portable Light Project
CIIIS社の慣性力(振動)発電技術を商品化
−国内最大手エース社のバッグに慣性力発電ユニットを搭載−
(2010年11月17日、伊藤忠商事プレスリリース)


関連記事:
ウガンダテレコムがソーラー携帯を発売 [2009/09/23 19:48]
アップルの"Smart Bicycle System" + ノキアの"bicycle charger kit" + あき電器の"マジ軽ライト" [2010/08/15 21:26]







 


posted by 竹内敬治 at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。