2010年11月07日

インド内閣、エネルギー・ハーベスティング材料開発などを進める産官学連携センターNCMMの設立を承認

2010年11月4日、インド内閣は、科学技術省傘下の独立研究所として、ケララ州に国立分子材料センター(NCMM: National Centre for Molecular Materials)を設立することを承認しました。
 
アジア各国で、エネルギー・ハーベスティングに関する産官学連携の取り組みが進んでいます。
 
16万平米の研究所用地は、ケララ州が無償で提供します。

この種のセンターとしてはインド初で、バイオメディカルデバイス用のセンサーや、ソーラー・エネルギー・ハーベスティング、スペース・エレクトロニクス用の材料などといったニッチ領域の先端科学技術開発を行います。

他の学術研究機関と連携して、産業界、ユーザグループとも積極的に交流し、材料の利用や潜在市場の開発を支援する人材育成も進めます。


参考情報:
Cabinet approves National Centre for Molecular Materials at Kerala
(2010年11月4日、Thaindian News)
 
関連記事:
シンガポールの産学官連携IC設計センターVIRTUSはエネルギー・ハーベスティングにフォーカス [2010/10/31 20:40]
中国がモノのインターネット(IoT: Internet of Things)の国際標準化に参入 [2010/06/20 19:34]
モノのインターネット(IoT:Internet of Things)の電源としてエネルギー・ハーベスティング市場は拡大していく [2009/11/01 21:00]
サムスンのエネルギー・ハーベスティングへの取り組み [2010/09/05 20:13]
 



posted by 竹内敬治 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。