2010年01月17日

無線LANの電波を収穫して電力再生する充電機 RCAのAirnergy

RCAが、無線LANの電波を電力に再生するWi-Fi Hotspot Power Harvesterを発表しました。名前はAirnergyです。発音は「エアナジー」でしょうか。
USBインタフェースでモバイル機器に充電できます。
The Airnergy Wi-Fi Hotspot Power Harvester
2010年夏に、39ドルか49ドルで発売する予定です。

デバイスの大きさは、2インチ×3インチ(5cm × 7.5cm)です。
この大きさで、どれくらいのエネルギーが収穫できるのでしょうか。
Wi-Fiアクセスポイントの近くにおいて、90分間でBlackberry Boldに30%充電できたそうです。

ホットスポットのすぐ近くなら、電源も近くにありそうなので、どれだけ実用性があるかは不明です。


参考情報:
Power harvester uses Wi-Fi to charge wireless devices
RCA device might ship this summer; other wireless charging devices emerging
(2010年1月23日、Computerworld)

関連記事:
拡張現実(AR)コンタクトレンズに電波ハーベスティングで給電 [2009/09/06 04:24]
インテル:磁場共鳴を利用した無線電力伝送 [2009/06/21 19:19]
ノキア、電波エネルギー・ハーベスティング携帯電話のプロトタイプの存在を否定 [2009/06/21 18:59]
ノキア、環境中の電波エネルギーを収穫して自動的に充電する携帯電話を開発中 [2009/06/14 18:53]
インテルのエネルギー・ハーベスティング技術:TV塔の電波エネルギーをを4km離れて収穫 [2009/01/28 18:31]
インテルがエネルギー・ハーベスティング・デバイスを開発 [2008/12/06 21:35]
 



posted by 竹内敬治 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。