2009年12月06日

GPSで猫を追跡

自分の飼い猫にGPSをつけて、追跡したという話。
首についているのが、GPSトラッカーです。

動物をGPSで追跡するというのは、よくある話です。

ここで注目したいのは、エネルギー源です。
たいていの用途はボタン電池で足りますが、野生動物にGPSを付けて、生体センサーやカメラ、マイクなども付けたりすると、電池では足りません。
動物の体温や動きで発電できれば、長時間のモニタリングが可能です。
エネルギー・ハーベスト技術の応用可能分野のひとつです。

市場規模は、どれくらいでしょう。
たとえば、オーストラリアの羊や牛の全てにつけたりしたら数は出ます。
羊と肉牛を合わせて、1億頭ぐらいいます。
そんなニーズを見つけることができるでしょうか。

参考情報:
KooKoo, the GPS-Enabled Kitty
To track his wandering cat, Mark Spezio rigged up a cat collar with a lightweight GPS logger. Here's what he discovered about KooKoo's secret habits
(2009年12月1日、IEEE Spectrum)

関連記事:
GPSメッセンジャーを持って冒険 SPOT Adventures.com 
セントへレンズ火山のロボットセンサーネット











posted by 竹内敬治 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の無線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。