2009年10月25日

シリコンバレーのミルピタス市で、無料の広域無線LANを提供

最近メッシュ型無線LANの記事が少ないので、ひとつ事例を紹介します。

アースリンク(Earthlink)が破たんして以降、無料の広域無線LANプロジェクトは
下火になりました。生き残っているプロジェクトのひとつが、シリコンバレーの
Sillicon Valley Unwiredです。
milpitas.jpg
Milpitas市でアースリンクが設置したTroposのメッシュ型無線LANインフラを活用し、
無料で広域無線LANサービスを提供しています。

上に示した地図のように、ユビキタスなカバレッジを提供することで、
無料のインターネット接続サービス提供による経済活性化だけでなく、
消防・警察等自治体業務、
スマートグリッドやスマートシティプロジェクトのインフラにも活用されます。

メッシュ型無線LANは、自治体WBB(ワイヤレスブロードバンド)のインフラとして
今後も活用が進むでしょう。

参考情報:
Silicon Valley

関連記事:
メッシュ型無線LAN機器ベンダーBelAir Networks、WiMAX/Wi-Fiデュアルモードの基地局を発表 [2009/04/05 18:07]
米国の自治体WBB(広域無線LAN)プロジェクトの近況 [2009/03/29 23:41]
Cablevision、広域無線LANサービスの効果で加入者の純増数が70%アップ [2009/03/18 17:17]
ニュージーランドのメッシュ型無線LANベンダーRoamADを米国Xiocomが買収 [2009/03/01 19:00]
Meraki,メッシュ型無線LANの屋外向け高性能新ノード発売。業界初の802.11nサポート、マルチラジオで1500ドル [2009/02/27 19:00]
米国ミネアポリス市のメッシュ型無線LANネットワーク、完成に近づく [2009/02/08 22:22]

WiMAXでスマートグリッド:オーストラリアで70万世帯・事業所にスマートメータを設置 [2009/10/25 20:36]
SolarEdgeとIsofotonが共同で高効率太陽電池システムを提供 [2009/09/27 22:23]
Silver Spring, サクラメント郡60万世帯・事業所にスマートメータを設置 [2009/06/28 19:40]
メッシュ機器ベンダーSkypilotをスマートグリッド・ソリューションベンダーのTrilliantが買収 [2009/05/31 19:18]






posted by 竹内敬治 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | メッシュ型無線LAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。