2009年10月25日

WiMAXでスマートグリッド:オーストラリアで70万世帯・事業所にスマートメータを設置

Motorola、GE、Grid Netなどが、2013年までに、オーストラリアで70万世帯・事業所にスマートメータの設置を進めます。ネットワークインフラにはWiMAXを使用します。
 

 2009年10月22日に、豪州の電力事業者SP AusNetが発表した計画によると、2013年12月までに、Victoria州の68万世帯・事業所にスマートメータの設置を進めるとのこと。

この計画に参加する企業は、以下のとおりです。
・Landis+Gyr
・GE
・GridNet
・UXC Limited
・Electrix
・Motorola
・Unwired
・eMeter
・Logica
・Accenture
・Enterprise Business Services
・Geomatic Technologies

世界中で構築が進むスマートグリッド・プロジェクトですが、
このプロジェクトの特徴のひとつは、インフラにWiMAXを使うというところです。

最近はLTEに注目が移っていますが、WiMAXは挽回なるでしょうか。

参考情報:
WiMAX SmartGrid Coming to 700K Australians
(Daily Wireless, 2009年10月23日)
Smart partnerships for SP AusNet’s smart meter roll out
(SP AusNet、2009年10月22日)

関連記事:

SolarEdgeとIsofotonが共同で高効率太陽電池システムを提供 [2009/09/27 22:23]
Silver Spring, サクラメント郡60万世帯・事業所にスマートメータを設置 [2009/06/28 19:40]
メッシュ機器ベンダーSkypilotをスマートグリッド・ソリューションベンダーのTrilliantが買収 [2009/05/31 19:18]





posted by 竹内敬治 at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | WiMAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。