2009年10月17日

揺らすと発電するLED照明つきのロッキングチェア

LED照明つきのロッキングチェアです。
椅子を揺らすことで発電して、LED照明を光らせます。

rocking_chair.jpg

揺らしているときだけ光るわけではなく、バッテリ内蔵です。
周りが明るい時は充電して、暗い時に光ります。

似たような発想で、公園の遊具(ブランコ、シーソー、すべり台など)で
発電して、光らせたり、音を出したり、カメラを作動させたり、
いろいろなことができます。

遊びの幅も広がりそうです。


これは、デザインコンテストの応募作品です。
それにしても、"murakami chair"という名前の由来は何でしょうか。

参考情報:
name of design : murakami chair
design by : rochus jacob from usa


designer's own words:

I was looking for opportunities to generate energy through activities we naturally do.

The final result is a rocking chair that enables the user to experience production and consumption of electricity in a gentle and rewarding way.

An abstract process becomes tangible and eventually cultivates natural awareness. Complexity is covered by simplicity.

Advanced nano-dynamo technology which is built in to the skids of the chair and more efficient light sources such as the newly developed OLED generation makes it possible to build a rocking chair with a reading lamp running on electricity generated from the rocking motion. During daylight the energy gets stored in a battery pack.

The construction of the flat and bendable organic light emitting diodes allows new form factors such as using the traditional shape of a lamp but instead of having a light bulb the lampshade himself turns out to be the light source.

To have a drastic reduction of consumption the big challenge will be to make consuming less feel like getting more.




posted by 竹内敬治 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。