2009年10月04日

無線LANを内蔵した体重計で健康管理

無線LAN機能を内蔵した体重計Withingsです。
体重を計るたびに、自動的にインターネットに接続し、値を送信します。
ユーザは、Webで、体重や体脂肪率、BMIの推移をみることができます。
scale.jpg
さて、電源はどうなっているでしょうか。

この体重計、エネルギー・ハーベスティングではなくて、単三電池4本で動きます。

しかし、体重で発電することも、もちろん可能です。
体重計に乗った時に、身体が少し沈みますが、
この位置エネルギーを使えば、発電量は十分です。
あとは、発電デバイスの価格が安くなれば、
やがて電池を代替するようになります。

エネルギー・ハーベスティングの市場は、
このようにして広がっていくのでしょう。

参考情報:
Withings ウェブサイト

関連記事:

スペインのiUnika社、太陽電池で動く200ドルのネットブックGyyを発売 [2009/05/17 20:39]
日立製作所が無線LANでHD映像をストリーミング配信できるビデオカメラを試作 [2008/10/03 18:54]
圧電素子の発電能力をナノテクで倍増[2009/1/12]




posted by 竹内敬治 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 無線LAN (Wi-Fi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。