2009年06月21日

Alvarion、Open Range Communications社から1億ドルのWiMAXシステムを受注

2009年6月16日、WiMAX機器製造大手のAlvarionは、Open Range Communications社から、1億ドルのWiMAXシステムを受注したと発表しました。
 
Alvarionの2009年第1四半期の売上は6,800万ドルです。 
 

Open Range Communications社は、2008年3月に、米国農務省のRural Development Utilities Program (RDUP)から3億7400万ドルの融資枠を獲得しました。
そして、2009年1月には、JPモルガン・チェースの非公開投資部門One Equity Partners (OEP)から、1億ドルの出資を受けることを発表しました。この出資は、Open RangeはRDUPからの融資を受けられる条件でした。

Open Rangeは、この資金を活用し、今後5年間で、全米17州546地域のルーラルエリアにWiMAXサービスを提供する計画です。
Open Rangeは、2008年10月に、Global Starから、モバイル衛星通信用の周波数帯も借りています。

Open Rangeについては、実態が不明でいろいろな噂があります。

参考情報:
Alvarion® and Open Range Sign a Multi-Year Contract for Equipment and Services Expected at Over $100 Million for 4G Network Across 17 States

Partnership to bring advanced broadband wireless services to 546 communities, representing largest RUS-funded WiMAX™ project to date
(2009年6月16日、Alvarion)
 
関連記事:
デジタル・ブリッジ社が米国初のモバイルWiMAXネットワークを構築 [2008/07/02 13:07]
Cisco、Clearwireと提携してWiMAXインフラ機器とWiMAX端末を提供 [2009/05/17 19:47]







posted by 竹内敬治 at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | WiMAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。