2009年06月21日

ノキア、電波エネルギー・ハーベスティング携帯電話のプロトタイプの存在を否定

ノキアは、電波エネルギーを収穫する携帯電話のプロトタイプの存在を否定しました。
 
MIT Technology Review は、2009年6月9日の記事で、
「Nokiaの研究者 Marrku Rouvalaが、現在のプロトタイプは電波エネルギーを3〜5ミリワット回生すると話した」
と報道しました。
この記事は、WBB最新情報でも紹介しました。

一方、2009年6月18日付のWireless Weekの報道によれば、ノキアのスポークスマンChris Morseは、このプロトタイプの存在を否定したそうです。
 
電波環境にもよりますが、3〜5ミリワットの回生をする仕組みとしては、「ソフトバンクモバイルのお父さんBIGストラップにアンテナを仕込む」ぐらいしか思いつかなかったので、非常に興味がありました。

ノキアはこのような性能のプロトタイプの存在は否定しましたが、研究は行っています。
実際のところ、どれくらいまで進んでいるのでしょう。

参考情報:

Nokia Denies Existence of Electricity Harvesting Prototype
By Maisie Ramsay
WirelessWeek - June 18, 2009

Nokia says it does not currently have a prototype device that harvests electricity from radio waves despite reports to the contrary published by the Guardian U.K. and the MIT Technology Review.


“Though energy harvesting is an interesting research area which Nokia Research Center is actively pursuing, suggestions of this technology featuring in future products are premature and we do not currently have a prototype device,” says Nokia spokesman Chris Morse. “As ever it is our policy not to speculate on when or whether research projects may become part of our portfolio.”


The Guardian U.K. and the MIT Technology Review cite Nokia researcher Marrku Rouvala, who told the Technology Review that current prototypes can harvest 3 to 5 milliwatts, which is enough to power a device in standby mode.
Rouvala also said Nokia’s goal is to create a prototype that can harvest up to 50 milliwatts, which could recharge a device that is turned off. He expects the technology to be ready for commercial deployment within three to four years.


関連記事:
ノキア、環境中の電波エネルギーを収穫して自動的に充電する携帯電話を開発中 [2009/06/14 18:53]




posted by 竹内敬治 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック