2009年06月14日

アテネ:802.11nを利用して4kmの距離で80Mbps〜のパフォーマンス

ギリシャのアテネでメッシュ型無線LANネットワークを展開するAWMNは、次世代高速無線LAN802.11nの遠距離通信テストを行い、4kmの距離で80Mbps以上のパフォーマンスを達成しました。電波で混み合っているメトロエリアでの試験です。
 
AWMN(Athens Wireless Metropolitan Network)は、ギリシャの首都アテネで草の根コミュニティ無線LANネットワークを運用しています。800ノードのメッシュ型無線LANネットワークで、カバーエリアは、南北110km、東西85kmに及びます。
GNU/Linuxなどオープンソースのソフトウェアを利用して、さまざまなサービスを提供しています。
 
このAWMNは、2009年6月11日より、802.11nの遠距離通信テストを実施しています。初めてのテストで、20MHzのチャネルを利用して80〜100Mbps、40MHzのチャネルでは150MbpsのTCP/IPトラヒック伝送に成功しました。
次には、4x4MIMOの実験も行う予定です。スペック上は600Mbps出るはずです。

参考情報:
Open Source 802.11n -- Big Breakthroughs are Coming!
(2009/6/12, saschameinrath.com)

関連記事:
Meraki,メッシュ型無線LANの屋外向け高性能新ノード発売。業界初の802.11nサポート、マルチラジオで1500ドル [2009/02/27 19:00]
Ruckusの802.11nメッシュWi-Fi導入事例:ジャマイカ [2008/07/09 19:00]







posted by 竹内敬治 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | メッシュ型無線LAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。