2009年05月24日

ZnO(酸化亜鉛)圧電素子のナノワイヤーで作るパワーシャツ

ジョージア工科大学のZhong Lin Wangは、ZnO(酸化亜鉛)の圧電素子でナノワイヤーを作りました。このナノワイヤーで作った1平方メートルの布で、理論的には80ミリワット発電できるそうです。
 Microscope image

 この布でシャツを作れば、人間の動きで発電できます。「パワーシャツ」は、いつごろ登場するでしょうか。

2mm×3mmのナノジェネレータで、800ナノアンペア、20ミリボルトの電流・電圧が得られています。発電効率は、17〜30%です。

Fiber nanogenerator schematic

参考情報:

Energy harvesting from zinc oxide nanowires
(Energy Harvesting Journal, 2009.5.22)
Professor Zhong L. Wang's Nano Research Group

Fiber-based Nanotechnology Could Power Electronic Devices
"Power shirt” would harvest energy from physical movement
(ジョージア工科大学,2008.2.13)

関連記事:
PI Ceramics社の柔らかい圧電デバイスDuraAct [2009/05/10 23:12]
欧州8カ国が連携する圧電素子研究機関ピエゾ研究所(Piezo Institute) [2009/03/23 22:39]
「押すと発電」EnOceanのライバルLighting Switch [2009/04/10 19:20]
圧電素子の発電能力をナノテクで倍増 [2009/01/12 10:14]
環境センサー・ネットワークの電源にも使える「雨粒発電」 [2008/07/25 16:23]




posted by 竹内敬治 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。