2009年03月29日

米国の自治体WBB(広域無線LAN)プロジェクトの近況

米国では、アースリンクやメトロファイの破たん、金融危機によって、多くの自治体主導WBBプロジェクトが見直しを余儀なくされました。
その近況をご紹介します。
 

Muniwireless.comが、米国の市及び郡の広域無線LANプロジェクトリストを更新しました。今回の2009年3月バージョンは、2008年1月バージョンの修正になっています。

ご覧になるとわかるとおり、中止になったプロジェクトも多数ありますが、新規プロジェクトの方が数が多いです。公共安全、自動検針、ビデオ監視などのプロジェクトを中心に増加しています。

無料サービスのビジネスモデルは破たんしましたが、自治体WBB自体が無くなったわけではありません。

いくつかのプロジェクトについては、これから個別に紹介したいと思います。

米国自治体WBBプロジェクトの経緯については、詳しくは「世界のワイヤレスブロードバンド2008」もご参照ください。

参考情報:

Muniwireless.com 28 March 2009 list of US cities and regions

関連記事:

Meraki,メッシュ型無線LANの屋外向け高性能新ノード発売。業界初の802.11nサポート、マルチラジオで1500ドル [2009/02/27 19:00]
米国ミネアポリス市のメッシュ型無線LANネットワーク、完成に近づく [2009/02/08 22:22]
米サンタクララ市のメッシュ型無線LANネットワークをスマートグリッド(電力自動検針)に活用 [2009/02/01 20:45]
低価格メッシュ無線LANベンダーのMerakiがNPOと提携して低取得者向けのブロードバンドサービスを提供 [2009/01/18 21:29]
米国ロックヒル市がメッシュネットワークを構築 [2008/12/14 17:34]
フィラデルフィア続報:市民向けの無料無線LANサービスは継続、月10万人が利用 [2008/10/03 18:43]
新刊レポート「世界のワイヤレス・ブロードバンド2008」発売 [2008/09/08 19:00]




posted by 竹内敬治 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | メッシュ型無線LAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。