2009年01月18日

グリーン・ネットワークの動向と新・省エネビジネスの展望(グリーンIT・地球温暖化関連セミナーのご案内)

グリーンIT関連セミナーのご案内です。
SSK(新社会システム総合研究所)主催で、開催は2月19日です。
NTTデータ経営研究所社会・環境戦略コンサルティング本部パートナーの村岡元司氏との共同講演です。
 
 

【講演要旨】
 ネットワーク機器の消費電力は、情報爆発に伴って今後増加の一途を辿り、2025年には、2006年比13倍の1033億kWhへと急増し、データセンターの総消費電力の倍にも達する勢いである。さらにネットワーク接続された機器まで含めると、その消費電力は莫大なものとなる。
 しかしながら、一方で、ネットワーク接続される機器が増加すれば、ネットワークを活用した「ITによる省エネ」の効果も高まり、ICTが重要な役割を果たすことが期待される。
 本講演では、我が国の地球温暖化対策として、グリーン・ネットワークの実現の重要性を指摘し、国内外の最新動向を紹介するとともに、これから生まれる新たな省エネビジネスの可能性を展望する。

■前半■ 竹内 敬治 氏 【14:30〜15:50】

1.地球温暖化対策としてのグリーン・ネットワークの重要性
  〜ネットワークの省エネ(Green of Network)と
        ネットワークによる省エネ(Green by Network)
2.単体の省エネから連携による省エネへの進化
  〜グリーンITからグリーン・ネットワークへ〜
3.グリーン・ネットワークの最新動向
  (1)ネットワーク機器(ルータやスイッチの機器単体)
  (2)ネットワーク・サイト(キャリアの局舎、無線基地局、家庭等)
  (3)ネットワーク・インフラ(インターネット等の情報ネットワーク)
  (4)ネットワーク・システム(インフラと端末機器)
  (5)情報ネットワーク社会(上記およびそれを利用する人・物)
※質疑応答・名刺交換


■後半■ 村岡 元司 氏 【16:00〜17:00】

4.各省庁による地球温暖化への取組みとその背景(IT関連を中心に)
5.ポスト京都議定書と新たな省エネビジネスの展望
  (1)グリーン・ネットワークに関する研究開発の促進
  (2)民生部門における低炭素化の促進
  (3)ネットワーク・システムを活用した新・省エネビジネス展開
6.中小規模の既存オフィスビルを対象とした省エネビジネスの可能性
※質疑応答・名刺交換
 
 
詳しくは
こちら
 



posted by 竹内敬治 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。