2008年12月26日

2008年のWBB最新情報アクセスランキング

WBB最新情報のブログは2008年7月に開始して、半年になります。
 
2008年後半のアクセスランキングを発表します。
 
 
ランキングのトップ10は、以下のとおりです。

1位 環境センサー・ネットワークの電源にも使える「雨粒発電」
 
2位 
「押すと発電」無電源ワイヤレス・スイッチのEnOcean、2013年の売上予測は14億ドル

意外な1位、2位でした。9位にも関連記事が入っています。
周りの環境からエネルギーを収穫して電力に変換するエネルギー・ハーベスティングは、WBB最新情報ではサブのテーマでしたが、アクセスが集中しました。
ランキングの11位〜20位にも、エネルギー・ハーベスティングの記事が5つ入っています。
 
最近、雑誌にも取り上げられています。

日経エレクトロニクス 1215日号

 「廃熱や振動からの発電技術が実用期へ」

 

EE Times Japan 200812月号

 振動発電機の試作相次ぐ 環境から微小電力を取得可能(2008/12/17)

     環境発電が電源の足かせを解き放つ 〜 【CES直前特集】2009年の注目技術(2008/12/26)
 
 
しかし、エネルギー・ハーベスティングをフォローしている調査会社はなさそうで、日本語での情報発信もありません。データリソース社が実施した調査報告書(下の関連記事を参照)は、まだ余部がありますので、ご興味あるかたはお問い合わせいただければと思います。
 
関連記事:
ユビキタスネット向けエネルギー源研究の最前線
(1)ユビキタスネット実現のためにはエネルギー供給は必須である
(2)エネルギー・ハーベスティング技術の研究・製品化動向

(3)国内の動向と今後の課題


 
3位 
「地域WiMAX推進協議会」が設立へ

4位 Centrino2のWiMAX/Wi-FiデュアルチップEcho Peakの価格は

5位 国産技術のメッシュ無線LAN機器開発・製造を行うPicoCELA誕生

6位 1Gbps超の次々世代無線LAN「VHT」の標準化が始まる

7位 無線LANの高速ローミング規格802.11rの標準化完了

8位 WiMAX Forumが世界のWiMAXサービスマップを公開

9位 
EnOceanの無電源ワイヤレス・スイッチが北米の315MHz帯に対応

10位 1Gbps超の次々世代無線LAN「VHT」の続報


WiMAX関連の記事が3つ、無線LANの新技術(VHT、11r)が3つ、そして九州大学発の国産メッシュ無線LANベンチャーPicoCELAの記事がランクインしました。

 
2009年は、ランキングを参考にしてWBB最新情報を続ける予定です。
(リクエスト歓迎です)

それでは、2009年もよろしくお願いいたします。
 





posted by 竹内敬治 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。