2008年11月24日

Virgin Americaが機内Wi-Fiサービスを提供

2008年11月22日、英国ヴァージン航空の米国子会社Virgin Americaが、航空機内の無線LANサービスを開始しました。 
 


当日は、YouTube Liveでの機内中継も行われました。
Some Things Are More Fun at 35,000 Feet...
Especially If It’s Your First Time

 
チャータ便(エアバスA320)には130人が乗り込み、以下のブログも、機内から発信されました。

"Live in Air: 10 Things You Need To Know About In Flight Wi-Fi" (Gizmodo)
"On Virgin America's inaugural GoGo WiFi flight: this post published from 35,000 feet"(Engadget)

"Blogging from 25,000 feet"(Cnet)
"Live from Virgin America’s Inaugural Wi-Fi Flight" (WifiNetNews)
 
これらの記事を見ると、無線LANサービスは概ね好評だったようです。

Virgin Americaは、アメリカン航空やデルタ航空と同じく、Aircell社のサービス"Gogo"を利用します。サウスウエスト社が利用するRow44社のサービスと、どちらが主流になるでしょう。

関連記事:
サウスウエスト航空が機内インターネットサービスを試験提供(2008年10月3日) 
アメリカン航空が米国国内線で無線LANサービス開始(2008年8月22日)
デルタ航空が米国国内線全便で無線LANサービスを提供(2008年8月8日) 
航空機内で無線LAN提供の動き(2008年7月18日)
  




posted by 竹内敬治 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 無線LAN (Wi-Fi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。