2008年11月09日

AT&T、Wi-Fiサービス大手のWayportを2億7500万ドルで買収

2008年11月6日、AT&Tは、米国の大手Wi-FiサービスプロバイダWayportを2億7500万ドルで買収することを発表しました。
 

1996年設立のWayportは、全米のマクドナルド1万店舗でWi-Fiサービスを提供しています。

AT&TのWi-Fiサービスエリアマップはこちら
"AT&T Acquires Wayport "(dailywireless)

AT&Tは、自治体向けの無線LANサービスを従来から提供していましたが、最近では、iPhoneユーザに無料でホットスポットを開放しています。


なぜAT&Tが無線LANに力を入れるのか?
Sprint-ClearwireのWiMAXに対抗しているのです。
 
"AT&T seeks McDonald's, Starbucks as allies in WiMax wars"(kansascity.com)
 
 
関連記事:
Sprint、WiMAX計画に反対するAT&TのFCC提訴に反撃(2008年8月6日)
 






posted by 竹内敬治 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 無線LAN (Wi-Fi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。