2008年11月03日

サンフランシスコ近郊の高速鉄道BART内の無線LANサービスは実現するか

サンフランシスコから郊外に延びる高速鉄道BART(Bay Area Rapid Transit)内での無線LANサービスが資金不足に直面しています。
 
無線LANサービスを提供する予定なのは、Wi-Fi Rail社です。
 
"BART Wi-Fi plan hits funding skid"(SF examiner,2008年10月31日)によれば、WiFi Rail社は2000万ドルの資金調達ができず、BARTとの契約が遅れているせいだと言ったとのこと。
 
一方、"BART Wi-Fi Plan Not in Jeopardy over Funding"(Wi-Fi Networking News,2008年10月31日)では、Wi-Fi Rail社の代表Coolper Lee氏がSF examinerの記事内容を否定し、今後12ヶ月間の活動資金は既に調達したと述べています。
 
真相がいずれかは分かりませんが、金融危機の影響は甚大で、ベンチャー企業の資金調達は難しく、自治体の固定資産税収入も減少して、多くのプロジェクトが影響を受けています。
 



 



posted by 竹内敬治 at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 無線LAN (Wi-Fi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。