2008年10月10日

海からエネルギーを収穫  波力・潮力・温度差発電のいろいろ(1)

エネルギー・ハーベスティング技術の紹介です。
 
今回は、海から様々な方法でエネルギーを取り出す技術です。
 
海外での最近のいろいろな取り組みをまとめて紹介します。
 
1. Marine Current Turbines
 
 英国の潮力発電ベンチャーです。1.2MW発電する巨大タービンは迫力あります。
 
 seagenwithyacht_919589.jpg
 
2.  Hydro Green Energy

 米国テキサス州ヒューストンのベンチャー。川、潮の流れ、海流などで発電する、ダクトに入ったタービン型の水力発電機は、浅いところでも設置できます。
 ミシシッピ川のプロジェクトは2008年9月から稼働しています。
 
Hydro%20Green%20Energy%20Array%20underwater%20view.jpg
 
3. Verdan Power

  米国ニューヨークが本拠のベンチャー。風力発電を水に沈めたような発電機を作っています。
 カナダのオンタリオから335万カナダドルの資金を得て、2012年までに15MWの発電プラントを建設予定。
  
 
 turbinestill.jpg
 
 
まとめて紹介しようと思ったのですが、たくさんあって分量が増えそうなので、続きは後日にします。
 
 

 
エネルギー・ハーベスティング関連記事:

木からエネルギーを収穫して稼働する無電源の山火事早期警戒センサーネット
EnOceanの無電源ワイヤレス・スイッチが北米の315MHz帯に対応
「押すと発電」無電源ワイヤレス・スイッチのEnOcean、2013年の売上予測は14億ドル
エネルギー・ハーベスティングで膝治療用の体内埋め込みセンサーに電源供給
環境センサー・ネットワークの電源にも使える「雨粒発電」
 
   
※ エネルギー・ハーベスティング技術については、こちらも参考にしてください。
 
ユビキタスネット向けエネルギー源研究の最前線(1)
ユビキタスネット向けエネルギー源研究の最前線(2)
ユビキタスネット向けエネルギー源研究の最前線(3)

 



posted by 竹内敬治 at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。