2008年08月29日

サンフランシスコ市がバス内で無線LAN提供の試験中

サンフランシスコ市交通局が、バス内での無線LAN提供を試験しています。
 
"Connected Bus"は、月曜から金曜まで、StonetownショッピングセンターとOuter Richmond間を運行します。
 
 
 
乗客は、手持ちの無線LAN端末でもアクセスできますが、タッチパネルが5つ設置されています。
 
タッチパネルでは、到着予定時刻、接続案内、地図を見ることができます。乗客のCO2排出量を計算することもできるそうです。
 
無線LAN機器は、Ciscoが無料で提供しました。
 
"The riders on the bus go click, click, click"(San Francisco Business Times)


***

バスの無線LANには、上記のような下りのニーズだけでなく、上りのニーズもあります。

監視カメラでバス内を監視するのです。

***
 
バス内での無線LAN提供は、あちこちで行われています。
たとえば、米国ではCerritosなど、スウェーデンの長距離バスでも提供されています。

飛行機の事例はWBB最新情報でも紹介していますが、
乗り物系では、ほかにフェリー、列車などでの無線LANサービスもあります。

おいおい紹介すると思います。
 


  
  

 



posted by 竹内敬治 at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 無線LAN (Wi-Fi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。