2008年08月20日

Google、「ホワイトスペース」の活用に向けた広報活動を開始

「ホワイトスペース」利用のためのFCCのフィールド試験に、モトローラ製機器が合格した模様と伝えました。

「ホワイトスペース」向け無線機器、モトローラ製デバイスがFCCのフィールドテストに合格か

今回はその続報です。
さっそくGoogleが広報活動を始めました。
 
 

2008年8月18日、Googleは、free the airwaves (放送電波を開放しよう)というサイトを立ち上げました。
 
このサイトでは、「ホワイトスペース」をワイヤレス・ブロードバンド向けに開放するメリットを、動画でアピールしています。
 
また、Take Action というページでは、FCCへの嘆願書のひな形が用意されていて署名してすぐに送ることができます。
どれくらい、署名が集まるでしょうか。
 
インテルやマイクロソフトなども、追随して広報活動を開始すると思います。
 
 
 
サイト立ち上げを発表したGoogleのブログに、

「このキャンペーンで、英国をターゲットにする計画はあるか?」

という質問が来ています。

「ホワイトスペース」の利用は、世界に波及する可能性もあります。
 
  



posted by 竹内敬治 at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の無線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。