2008年08月06日

AT&T、ルーラル地域でWiMAXサービス拡大を検討中

米国のワイヤレス・ブロードバンド市場は、

  Sprint/ClearwireのWiMAX vs. AT&TとVerizon WirelessのLTE

という単純な構図ではありません。

AT&Tは、ルーラル地域でのWIMAXサービス拡大を検討しています。 
 

AT&Tは、アラスカ州のJuneauなどルーラル地域でWiMAXサービスを提供しています。

Unstrungによれば、早ければ今年にも南部の州でWiMAXサービスを開始するとのこと。

ところでAT&Tは、SOMA Networks社のWiMAX機器を使用していますが、2008年7月18日、SOMAには、大和証券グループとSBIグループが出資しました
 
 



posted by 竹内敬治 at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | WiMAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。