2008年08月01日

米アナハイム市がアースリンクとの契約打ち切り、同社はAOLに身売りか

ディズニーランドのある米国アナハイム市は、無線LANサービスの提供に関するアースリンク社とのフランチャイズ契約を打ち切りました。
 
 
契約終了の条件によると、アースリンク社は、電柱など市の資産にとりつけた無線LAN基地局をすべて撤去しなければなりません。
 
 
一方、アースリンクの本業であるISPサービスは、ダイヤルアップユーザの減少が止まらず、危機的状況です。
 
ウォールストリートジャーナルによれば、同社は同業であるAOLへの身売りを希望している模様。
 
メルマガ版【WBB最新情報】のVol.68 (2008.2.22)には、以下のように書きました。予想通りの展開です。
 アースリンクのリストラ計画は進んでいますが、ダイヤルアップユーザの減少という構造的な問題を抱えており、いずれ、アースリンク本体も、買収されることになると予想されます。

  



posted by 竹内敬治 at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | メッシュ型無線LAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム(個人が特定できる情報は書き込まないでください):

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。 

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。