2016年08月15日

電池なしで稼働しインプラント可能な無線センサ ニューラルダスト

カリフォルニア大学バークレー校の研究者が、0.8mm×3mm×1mmという超小型の無線センサ「ニューラルダスト」を開発しました。
同じくバークレー校のKristofer Pister教授が1997年に提唱した「スマートダスト」はコンセプトどまりでしたが、ニューラルダストは普及するでしょうか。

neuraldust.png
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。