2011年12月25日

IBM 5 in 5にエネルギー・ハーベスティングが再度登場

IBMは、毎年、"Next Five in Five"(今後5年間で、人々の生活を変える可能性のある5つの技術革新)を発表しています。
2011年12月19日、6回目の発表がありました。今回は"IBM 5 in 5"と呼んでいます。

今回、5つの技術のひとつに、エネルギー・ハーベスティングが選ばれました。
 
IBM.jpg
  
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

英国Metasphere社、水道の遠隔監視に水流発電を活用

英国のMetasphere社は、様々な遠隔監視に必要なセンサーノードから分析システムまでを製造・販売しています。
同社の遠隔計測ユニット(RTU)MM3Pに水流発電で給電する実証試験を、水道会社と協力して開始しました。

Metasphere's MM3P RTU
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

英国ビジネス・イノベーション・技能省、成長戦略でエネルギー・ハーベスティングを優先投資対象技術に選定

2011年12月8日、英国のビジネス・イノベーション・技能省は、「成長のためのイノベーション・研究戦略」(Innovation and research strategy for growth)を発表しました。
 
この成長戦略は、中小企業に対する約100億円の支援など、幾つかの政策をパッケージ化したものです。

Men viewing a computer screen
 
この中で、エネルギー・ハーベスティングが、優先投資対象となる新技術のひとつに選定されました。
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

米国の学際的チームがPZTの2倍の性能指数を持つ圧電材料を開発

米国のウィスコンシン大学マディソン校の研究者が、シリコン基板上にPMN-PT(マグネシウム酸ニオブ酸チタン酸鉛)の薄膜を形成し、ペンシルベニア州立大学の研究者が圧電性能を測定したところ、従来の代表的な圧電材料PZTと比較して、2倍の性能指数が得られたとのことです。

この研究グループには、2大学の他に、米国立標準技術研究所(NIST: National Institure of Standards and Technology)、ミシガン大学、カリフォルニア大学、バークレー、コーネル大学、アルゴンヌ国立研究所も参加しています。
 
Harvesting: Designer piezo breaks conversion record
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする