2011年11月27日

米ミシガン大学・ユタ大学、サイボーグ化したコガネムシの羽ばたきで発電に成功

 米国ミシガン大学とユタ大学の研究グループは、Green June Beetle(米国南部に生息するコガネムシの一種)の体に圧電素子をつけ、飛行による発電実験に成功しました。
 
2つのプロトタイプ振動発電機による発電量は、11.5マイクロワットおよび7.5マイクロワットでした。
  
Frankenstein Cyborg Insects from University of Michigan College of Engineering and DARPA.
 
続きを読む


posted by 竹内敬治 at 20:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。