2011年10月30日

磁気トンネル接合の熱起電力を利用したアプリケーションの可能性

ドイツ物理技術研究所(PTB: Physikalisch-Technische Bundesanstalt)のLiebingらは、磁気トンネル接合における熱起電力が、磁気モーメントの方向によって大きく変化することを発見しました。省電力デバイスへの応用が期待されています。
 
 
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

圧電発電とバイオ燃料電池のハイブリッド発電でインプラントデバイスの自立電源化を目指す

ジョージア工科大学のZhong Lin Wang教授らのグループは、ZnOの圧電素子とバイオ燃料電池とを、カーボンファイバ上に並べた発電素子を開発しました。
体内に埋め込むデバイスの自立電源にすることを目指しています。
   
fji87ytghjk Hybrid Nanogenerator Biofuel Cell Shakes Up and Sweetens, Prospects for Implantable Medical Devices
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

英国技術戦略委員会、モノのインターネットのアプリケーションとサービスに関する実証実験の事前調査を公募

英国技術戦略委員会が、モノのインターネットのアプリケーションとサービスを構築するための戦略策定の事前調査の公募を行っています。
採択一件当たり5万ポンド(約600万円)の費用が補助されます(100%補助)。
予算総額は50万ポンドですので、少なくとも10件は採択されるでしょう。
 
事前調査に続く2012年の実証実験の予算は400万ポンドです。
 
日本語の公募要領も出ています。スケジュールは下表のとおりです。
 
IOT.jpg 
 

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 19:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

エネルギー・ハーベスティング関連セミナー(2011年10-12月)

2011年10月〜12月に開催予定のエネルギー・ハーベスティング関連セミナーの一部を紹介します。
 
【入門】
ゼロから始める わかりやすい環境発電
〜これだけは覚えておきたい常識〜
日時 2011年10月18日(火)  12:30-16:30
会場 [東京・蒲田]大田区産業プラザ
 
【個別技術】
振動による環境発電入門
日時 2011年12月19日(月)・20日(火)
会場 日本能率協会・研修室(東京都港区)

熱電による環境発電入門セミナー
日時 2011年11月1日(火)・2日(水)
会場 日本能率協会・研修室(東京都港区)
 
【アプリケーション応用】
環境発電アプリケーションへの応用に向けた
エネルギーハーベスティング技術とパワーマネージメント
日時  2011年11月25日(金) 13:00〜16:30

会場  東京・大田区平和島 東京流通センター 2F 第2会議室B
 
【ローパワー&ローエナジー技術全般】
ローパワー&ローエナジー開発技術ワークショップ
日時 2011年10月28日(金) 10:00〜18:00
会場 東京・神田 エッサム神田ホール
 
【海外動向】
マイクロエネルギー研究会 第7回会合
(共催:エネルギーハーベスティングコンソーシアム)
日時 2011年12月16日(金) 9:30〜12:30
 
 
以下では、セミナーの内容をもう少し詳しく紹介します。
 

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

熱音響エンジンで調理、発電、クーラーボックスの1台3役をこなす発展途上国向けのScore Stove

英国のノッティンゲン大学やロンドン大学などが進めるScoreプロジェクトでは、熱音響エンジンで、調理、発電、冷却の1台3役をこなすScore Stoveを開発し、発展途上国向けに普及を進めています。
 
no alt set
 
図の左部分で燃料を燃やして、熱音響エンジンで音に変えます。
(熱は、調理にも使用します)

音のエネルギーの一部は、中央の「スピーカー」で電力に変換します。
携帯電話の充電などに使います。

音のエネルギーの残りは、右部分の熱音響エンジンで、温度差に変換します。
クーラーボックスで食糧等を冷やすことができます。
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする