2011年08月14日

IMTEK(独フライブルク大学):枕木の振動で発電し、鉄道トンネルの構造ヘルスモニタリングシステムに給電

スイスのレッチュベルクベーストンネル(Lötschberg-Basistunnel)は、全長34.6kmで、鉄道専用では世界最長のトンネルです。2007年6月に開通し、最高時速250kmの高速鉄道が走行します。
 
ドイツのフライブルク大学工学部マイクロシステム工学科(IMTEK)、Martin Wischke らの研究グループは、枕木の振動で発電する自立型の構造ヘルスモニタリングシステムを開発しました。
Trains’ vibrations could provide power for monitoring tunnels
 
 
続きを読む


posted by 竹内敬治 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。