2011年07月31日

橋梁モニタリングシステムのコストを100分の1に:自立型無線センサーノードSENSPOT

米国メリーランド大学の研究者Mehdi Kalantariは、橋梁モニタリングのための自立型無線センサーノードを開発しました。
メリーランド州交通局と共同で、一年近くにわたり、実証実験を続けています。

センサーノードの平均消費電力は4μWで、電源は太陽電池と電波ハーベスティングでまかないます。
 
Mehdi Kalantariは、ベンチャー企業Resensys LLCを設立して、2011年9月にはセンサーの生産能力を増強予定です。
 

 
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

波力発電船は太陽光発電や風力発電より低コストか

再生可能エネルギーのひとつ、波力発電は、ポテンシャルは大きいものの、陸までの送電線敷設コストが高いこと、台風など荒天による故障のリスクが高いことなどの課題があります。

Fraunhofer CMIが提案している波力発電船(Mobile Wave Energy Harvesting)は、それらの欠点を克服し、低コストの発電を目指しています。
 
Wave Energy Harvester Ship
 
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

エネルギー・ハーベスティングのサマースクールNIPS Summer School 2011

2010年8月1日〜6日のNIPS Summer Schoolについては、1年前の記事で紹介しました。
 
このサマースクールが、今年2011年も開催されます。
テーマは、2010年と同じく、「マイクロおよびナノスケールのエネルギー・ハーベスティング」です。
 
 summerschool.jpg
 

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

紙に印刷したアンテナで電波エネルギーを収穫して小型電子機器を動かす:ジョージア工科大学と東京大学の共同研究

2011年7月6日、IEEE Antennas and Propagation Symposiumで、ジョージア工科大学と東京大学のグループが、テレビ放送のUHF波(470-570MHz)からのRFエネルギー・ハーベスティングに関する研究発表を行いました。
写真は、インクジェットプリンタで印刷して作成したレクテナです。
Rectifying antenna 
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

エネルギーハーベスティングコンソーシアムについて(5)

エネルギーハーベスティングコンソーシアムが、その後どうなっているのか、気になっている方が
案外沢山いらっしゃるようですので、近況をご報告します。
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする