2011年05月01日

ミシガン大学がmmスケールのMEMS振動発電デバイスを開発

ミシガン大学の研究グループは、mmスケールの振動発電デバイスを開発しました。PZTの振動発電素子、整流回路、昇圧回路、電気二重層キャパシタも込みで、1セント硬貨より小さいデバイスです。

振動数155Hz、最大加速度1.5G(Gは重力加速度)の振動で200μW発電するとのことです。
 
Most powerful millimeter-scale energy harvester generates electricity from vibrations 
 
 

続きを読む


posted by 竹内敬治 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。