2011年05月29日

米国ライス大学:太陽電池とナノアンテナを組み合わせて効率アップ

米国テキサス州ヒューストンにあるライス大学(Rice University)では、太陽電池にナノアンテナを組み合わせて発電効率を高めたデバイスを開発しました。

Nanoantenna structure 
 
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

米国オークリッジ国立研究所でMEMS焦電発電デバイスを開発中

米国エネルギー省傘下のオークリッジ国立研究所(ORNL:Oak Ridge National Laboratory)では、焦電効果を利用したMEMS発電デバイスを開発中です。2011年5月16日にプレス発表がありました。

ORNL.jpg 
 
 

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 21:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

韓国の成均館大学、声で発電するデバイスを開発との報道

英国のテレグラフ誌が、韓国の成均館大学の研究を紹介したようで、報道があちこちに広がっています。

声で発電するデバイスを開発したとのことで、将来は声で携帯電話を充電できるかも? それはどうでしょうか...

cell phone charging with voice
(写真の引用元サイトはこちら、クレジットはYuri Arcurs | Dreamstime.comです)
 
 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

曲げて操作するpaperphoneの電源は

カナダのQueen's UniversityにあるHuman Media Labは、いろいろな方向に曲げることで操作する薄型のスマートフォン"PaperPhone"のプロトタイプを発表しました。

 

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

ミシガン大学がmmスケールのMEMS振動発電デバイスを開発

ミシガン大学の研究グループは、mmスケールの振動発電デバイスを開発しました。PZTの振動発電素子、整流回路、昇圧回路、電気二重層キャパシタも込みで、1セント硬貨より小さいデバイスです。

振動数155Hz、最大加速度1.5G(Gは重力加速度)の振動で200μW発電するとのことです。
 
Most powerful millimeter-scale energy harvester generates electricity from vibrations 
 
 

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする