2011年02月13日

カナダのEtalim社、スターリングエンジンと熱音響発電を組み合わせた高効率の熱電発電機を開発

カナダのバンクーバーにあるベンチャー企業Etalimは、スターリングエンジンの原理と熱音響発電の原理を組み合わせた高効率な排熱発電エンジンを開発しています。
 
昨年に開発したプロトタイプの発電効率は10%でしたが、2011年春に完成予定の2番目のプロトタイプは、500℃の熱源で発電効率20〜30%と予想しています。

700℃の熱源で発電効率40%の商用機の開発は、2012年がターゲットです。


  

続きを読む


posted by 竹内敬治 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。