2010年10月31日

シンガポールの産学官連携IC設計センターVIRTUSはエネルギー・ハーベスティングにフォーカス

2010年10月20日、シンガポールのVIRTUS IC Design Center of Excellenceが、正式にオープンしました。

南洋理工大学(Nanyang Technological University)と、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR : Agency for Science, Technology and Research)、民間企業(Infenion Technologyなど)の産官学連携施設です。
ミシガン大学など、米国、欧州、中国との7大学ともIC設計の共同研究を行います。


 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

ロサンゼルスモーターショー2010 デザインチャレンジに、GM、ホンダ、VOLVOがエアカー(圧縮空気自動車)をエントリー

ロサンゼルスモーターショー10が、2010年11月17日に開幕します。

今年のデザインチャレンジのテーマは、"1000lb car"(1,000オンス=454kg の車)です。

GM、ホンダ、ヒュンダイ、マツダ、メルセデスベンツ、日産、トヨタ、ボルボの8社が参加しており、
このうち、GM、ホンダ、ボルボは、エアカー(圧縮空気自動車)をエントリーしました。



これは、Honda Air です。
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 15:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | 圧縮空気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

最先端サステナブル・テクノロジー・セミナー 2010年11月8〜9日 at早稲田大学西早稲田キャンパス 参加無料

無料セミナーの案内です。

最先端サステナブル・テクノロジー・セミナー
〜環境技術とオープンイノベーション〜


◆主 催 早稲田大学環境総合研究センター、Intellectual Ventures
◆共 催 NPO法人循環型経済社会推進機構、早稲田大学循環型環境経済共創システム研究所、
早稲田大学CSR研究所
◆日 時 2010年11月8日(月) 13:00〜17:30 (受付 12:30-13:00)
2010年11月9日(火) 10:00〜17:40 (受付 09:30-10:00)
◆場 所 早稲田大学西早稲田キャンパス(旧 大久保キャンパス)63号館 2階
◆参加登録費 無料
◆お申込〆切日 2010年11月4日(木) 17:00



<11月8日>


基調講演
G-1 参議院議員 荒井広幸氏の講演
G-2 Warner Babcock Institute of Green Chemistry
  President and CTO Dr. John Warner氏の講演(英語)


セッション
A-1 スマートコミュニティ
B-1 バイオマス利活用
C-1 グリーンケミカル


懇親会


<11月9日>


セッション
A-2 次世代モビリティ・地域交通システム
B-2 太陽エネルギー利用
C-2 廃棄物・資源循環システム
A-3 エネルギー貯蔵
B-3 エネルギーハーベスティング
C-3 大気・水環境保全


パネルディスカッション
P-1 オープンイノベーションとサステナブル・テクノロジ

 
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

世界のエネルギーハーベスティング研究者のインタビュー動画を集めたenergyharvesting.com

まだほとんど知られていませんが、energyharvesting.comというサイトがあります。

世界各地の、エネルギーハーベスティング関連の研究者に直接インタビューして、その動画の公開をはじめました。
世界といっても、今のところは、ほとんど米国です。

しかし、この会社は、米国にあるわけではありません。

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

ルイジアナ工科大学、圧電カンチレバーとカーボンナノチューブフィルムを重ねた発電デバイスを開発

米国ルイジアナ工科大学のグループは、圧電材料(PZT)でできたカンチレバーと、カーボンナノチューブフィルムとを重ね、光や熱を吸収して発電できるデバイスを開発しました。

Cantilever bends repeatedly under light exposure for continuous energy generation







 続きを読む
posted by 竹内敬治 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイスのCATECAR社、エア・カーAIRPodを2011年3月より出荷する計画を発表

2010年10月5日、スイスのCATECAR社は、エア・カーAIRPodを2011年3月より出荷する計画を発表しました。

AIRPodは、MDI社が現在開発中のエア・カー(車載高圧タンクに充填した圧縮空気を動力源とする車)です。
CATECAR社は、MDI社よりライセンス供与を受けて、スイス国内でAIRPodを販売する予定です。
 

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 19:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 圧縮空気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無料セミナー「エネルギーハーベスティング(環境発電)の最新動向、展望と課題」ご案内

NTTDATA Innovations Days in ITPro EXPO 2010で講演しますのでお知らせします。

日時:2010年10月19日 16時〜16時40分
場所:東京ビッグサイト 会議棟102
タイトル:エネルギーハーベスティングの最新動向、展望と課題
概要:

環境中に存在する熱、振動、光、電波などのエネルギーを自立型電源に利用できれば、電源の配線や電池の取り換えが不要となるため、省エネ、安全・安心などの幅広い分野で画期的なICTソリューションが実現できます。
本講演では、エネルギーハーベスティング分野の最新動向と、EHコンソーシアムの活動をご紹介します。

Webでの事前申し込み期限が10月12日18時までだそうです。
詳しくはこちらまで。
 

posted by 竹内敬治 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

竹中工務店、振動発電機と振動増幅器を組み合わせることで発電量を約45倍に

2010年9月16日、竹中工務店は、建物内外で発生する小さな振動を振動増幅器で増幅させることにより、振動発電機の発電量を増加させるシステムを開発したことを発表しました。

建物床の制振装置として広く使われている「TMD(Tuned Mass Damper)」を振動増幅器として利用することで、振動発電機のみで発電した場合に比べて発電量が約45倍になったとのことです。

イメージ

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする