2010年07月25日

エネルギー・ハーベスティングのサマースクール

今回は、エネルギー・ハーベスティングがテーマのサマースクールを紹介します。

2010年8月1日〜6日、イタリア中部のウンブリア州のLa Tenuta dei Ciclaminiという
リゾートホテルで、NiPS Summer School 2010が開催されます。


テーマは、「マイクロおよびナノスケールのエネルギー・ハーベスティング」です。


続きを読む
posted by 竹内敬治 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

ブラザー工業の「振動発電池」は半永久的に使えるか?

テクノフロンティア2010環境発電開発者会議&集中展示エネルギーハーベスティングゾーンの初日(2010年7月21日)は、大盛況でした。
エネルギー・ハーベスティングへの関心が高まってきているようです。

さて、先日の記事(ブラザー工業の乾電池型振動発電機が海外でも話題に)に対して、下記のようなご質問をいただきましたので、ここで回答いたします。


はじめまして。
記事で紹介されている、「振動発電地」 についてなのですが、ブラザー工業によると、「半永久的に電池交換が不要になり、廃棄物の削減にも貢献できる。」 とされているのですが、これは本当のことなのでしょうか?

この製品に組み込まれている 「電気二重層キャパシタ」 について、少し調べてみたところ、サイクル寿命は数十万回以上で、期待経年寿命は10〜15年、とありました。
http://meicap.meidensha.co.jp/capacitor/index.html

それで、素朴に、疑問に思ったのです。
本当に、「半久的」 に、使えるのでしょうか?
電気製品や部品のことは全くの素人なので、ぜひぜひ、教えてください。
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

ブラザー工業の乾電池型振動発電機が海外でも話題に

ブラザー工業は、2010年7月21日〜23日のテクノフロンティア2010に、乾電池型振動発電機を展示します。
リモコンなどに入れて、振って使います(下の写真参照)。
周波数4〜8Hzで平均出力10〜180mW(ピーク出力 0.2〜2.0W)が得られるとのことです。

この振動発電機が、海外でも話題になっています。




続きを読む
posted by 竹内敬治 at 20:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

エネルギー・ハーベスティング市場の予測:2014年に12.5億ドル 他

最近、エネルギー・ハーベスティング市場の予測レポートがどんどん出版されています。

例えば、iRAP, Inc. 社が2010年4月に発売したレポート

"ULTRA-LOW POWER (MICROWATT) ENERGY HARVESTING FOR WIRELESS SWITCHES AND WIRELESS SENSOR NETWORKING TYPES, APPLICATIONS, NEW DEVELOPMENTS, INDUSTRY"

によれば、2009年のエネルギー・ハーベスティング製品の市場規模は7950万ドルで、これが年率73.6%で成長し、2014年には12億5400万ドルに達するとのことです。

global_market
(出所:iRAP, Inc.社の上記レポート)



続きを読む
posted by 竹内敬治 at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

エネルギー・ハーベスティング関連セミナー案内

エネルギー・ハーベスティング関連のセミナーを幾つか紹介します。

7月21日〜23日、テクノフロンティア2010 環境発電開発者会議が開催されます。
これについては、前回の記事で紹介しました。

翌週、7月26日〜28日には、日本技術情報センター主催のセミナーが開催されます。

ユビキタスに向けた環境発電(エネルギー・ハーベスティング)の国内外技術・開発動向と応用例及び今後の展望(7月26日)


最新マイクロ環境発電技術/デバイスの概要・開発動向と応用及び今後の展開(7月27日)


環境発電用超低電力IC/モジュールの開発・技術動向と応用例及び今後の展開(7月28日)

日本技術情報センター様のご厚意で、いずれも、エネルギーハーベスティングコンソーシアム会員企業の方は割引を受けられることになりました。

自社が会員企業になっていることをご存じない方もいらっしゃいます。
(会員企業はプレス発表以来増えています)
割引が受けられるかも知れませんのでお問い合わせください。

8月26日のSTARC(半導体理工学研究センター)フォーラム/シンポジウム2010でも講演します。
こちらは無料です。


以下では、セミナーの内容をもう少し詳しく紹介します。

続きを読む
posted by 竹内敬治 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする