2009年10月12日

「乾電池型」エネルギーハーベスティングデバイスの実用性

エネルギー・ハーベスティング・デバイスは、もしも電池程度のコストで作れれば、潜在市場は数兆円にもなります。取り替えに要する人件費まで考えると、電池より高くても、電池を代替していく可能性はあります。

この、電池代替市場を目指して開発されているエネルギー・ハーベスティング製品があります。

形を見れば一目瞭然、乾電池を抜いて差し替えるだけで使えるはずです。
もし発電量が十分であれば。


SunCat Solar Batteries (Images courtesy Knut Karlsen)
続きを読む


posted by 竹内敬治 at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーと長野日本無線が開発した磁場共鳴方式の無線送電

2009年10月2日、ソニーが磁場共鳴方式のワイヤレス給電技術を開発したと発表しました。
(磁気共鳴、磁界共鳴、無線電力伝送、無線給電、無線送電など、呼び方が定まりません。)

2009年8月17日には、長野日本無線も類似した給電システムを発表しました。

sony.jpg
続きを読む
posted by 竹内敬治 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。