2009年04月26日

海水と淡水で塩分濃度差発電:オランダで実用化するか?

オランダのレーワールデン(Leeuwarden)市は、締切り大堤防(Afsluitdijk)の近くにあります。同市のWETSUS研究所では、海水と淡水の塩分濃度差を利用した発電を研究しています。
 

続きを読む


posted by 竹内敬治 at 22:18 | Comment(2) | TrackBack(1) | エネルギー・ハーベスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。